綺麗な宝石

日本とダイヤモンドの付き合い

ダイヤモンドはその輝きから世界中の人々を魅了し、古代から権力の象徴など特別な扱いを受けてきました。 日本で西洋のジュエリーが一般的になったのは明治ごろで、上流階級の人間を中心に洋装の礼服が一般的になるのと同時に、煌びやかな指輪やネックレスが身につけられるようになりました。 太平洋戦争などの戦争を経て一時期は国内の多くの宝石が姿を消しましたが、文化の欧米化が進むとともに再び華やかなジュエリーが流行するようになり、ダイヤモンドをはじめとする多くのアクセサリーが輸入されたり製造されるようになったと言います。 バブル全盛期になると一般家庭でも高品質なダイヤモンドが購入されるようになり、この時期だけで数兆円のアクセサリーが購入されたと言われるほどです。

買取をお願いするなら今がチャンス

ここ数年バブル期に購入したものや親類などから譲り受けたダイヤモンドジュエリーを、買取依頼する人が増えています。 一番の理由は海外で金やプラチナなどの貴金属に並びダイヤモンドの相場が上昇し、さらに円安が重なって日本国内に海外バイヤーが殺到することで国内相場も高騰傾向にあるためでしょう。 日本のバブル期に製造されたダイヤモンドは特に良質なものが多く、バイヤーだけでなく中国など海外の富裕層からも人気が集まっているために、中古ダイヤの買取も買取業者によって活発に行われるようになりました。 円安の終わる前こそダイヤモンドジュエリーの売り時と言えますから、この機会に不要なダイヤモンドや貴金属を買取してもらうのはいかがでしょうか。